紫外線はみんなの上に降り注いでいますよね。日焼けをしてすぐに黒くなる人は白いままで皮がむけやすい人など様々なお肌の方がいます。シミの原因が紫外線だと言われている以上、上手に日焼け止めをすることがまずは大きなシミ対策の一歩になることは間違いありません。

 

日焼け止めの種類や使い方など、シミに悩む方もそうでない方も知って欲しい情報をご提供したいと思います。

 

■紫外線が引き起こす恐怖

 

今も紹介した通り、紫外線と聞いてすぐに浮かぶのはシミだと思いますが、実は紫外線による害はシミだけではないのです。それがハリへの影響。

 

私たちのお肌には「コラーゲン」という成分が存在していますが、実はこのコラーゲンに紫外線がダメージを与えてしまうのです。このコラーゲンは私たちのお肌にとってとても大切で、保湿や外から与えられる様々な刺激から大切なお肌を守ってくれているのです。

 

なのでこのコラーゲンが不足してしまうと、肌の保湿力がなくなり乾燥を引き起こし、シミやくすみなどのトラブルのもとになったり、またお肌や髪の毛からツヤやハリを奪っていくのです。

 

■正しい日焼け止めの選び方

 

日焼け止めと一言で言っても、みなさんのお肌がそれぞれ違うのと同じように、それに合わせて選ぶ日焼け止めも変わってきます。私の場合は日焼け止めをつけるとすぐにニキビや肌荒れを起こすので、皮膚科で出してもらった日焼け止めを使うようにしています。

 

日焼け止めをつけると肌荒れを起こしてしまう場合は、紫外線散乱剤使用のものを選ぶのがオススメです。多くの日焼け止めには「紫外線吸収剤」という物資が使われており、このタイプの人にはそれによって引き起こされる化学変化に対応できないということが言えるようです。

 

またニキビができてしまう人には、油分の少ない水分タイプのものやパウダー配合のもの、またオイルフリーのものがオススメです。症状から自分で判断することも不可能ではありませんが、自分ではオイリー肌と思っていても意外と水分不足という場合もありますので、一度皮膚科で相談するのも一つの手ですね。

 

■正しい日焼け止めの使い方

 

まずは全体にムラなく塗ります。そのとき大切なのが、塗る量です。1円玉ほどの円の大きさでこんもり手の甲に乗せてください。そしてそれを均等に塗る。テカリや余っている感じが気になればティッシュで優しく抑えてください。

 

このとき決して強く拭かないように!優しく抑えることを忘れずに。

 

■日頃からのケアが大切

 

普段のスキンケアや日焼け止めを怠らずに実行に移すことができればあなたの理想のお肌もそう遠くはありません。シミで悩んでいる方もそうでない方も、お肌はあなたの第一印象を決める大切な要因です。今日から、そしてできることから始めてみませんか。