薬用雪肌精のリカバリーエッセンスエクセレントで美肌をゲット!

本気のシミ対策

自分の肌にシミを見つけたら、ガッカリしてしまいますよね?一刻も早く消したい…誰もがそう思うものです。シミを薄くしたり、消すには美白化粧品を使用するのが近道です。

しかし、色々な美白化粧品が販売されているため、どれを選んだらいいのかわからなくなります。

 

そこでおすすめの美白化粧品が薬用雪肌精です。中でもリカバリーエッセンスエクセレントという美容液をおすすめします。

 

■リカバリーエッセンスエクセレントの成分や使用感は?

 

美白成分として、メラニンの生成を抑制するアルブチンが配合されています。保湿成分として、クマザサ・ハトムギ・ヨモギハエキス・カンゾウフラノボイド、の4種類の和漢植物エキスが配合されています。

 

クマザサは殺菌や防腐効果があり、紫外線対策にも有効です。ハトムギは肌荒れの防止、ヨモギハエキスは皮膚の乾燥防止、カンゾウフラノボイドは抗炎症作用があります。リカバリーエッセンスエクセレントはこれらの和漢植物エキスを活かした美白美容液です。

 

和漢植物エキスは美白効果をサポートするための保湿成分として配合されている、それがこの美容液の特徴です。肌に付けると、とろけるようなテクスチャーで角質層へ深く浸透して潤いやハリを与えます。ワンプッシュの量でも肌の上で伸ばしやすいです。

 

また、和漢植物エキスを使っているので、美容液自体の香りはハーブの優しい香りです。

 

■リカバリーエッセンスエクセレントの効果とは?

 

この美白美容液を使うと、シミが薄くなったという声が多いです。肌に浸透しやすいため、美白成分が効きやすくなっていると考えられます。

 

シミが薄くなってきたと同時に、肌に付けた翌日には肌のくすみが取れて明るくなった、肌に透明感が出てきたという声も多いです。肌のトーンが変わるので、ファンデーションの色を明るくする必要性を感じることもあります。

 

また、日焼けした後に肌に付けると、日焼けによる炎症などのダメージを少なくします。

保湿成分が多く含まれているので、肌がふっ2-2くらして毛穴の開きも気にならなくなります。

 

■まとめ

 

薬用雪肌精のリカバリーエッセンスエクセレントについて、いかがでしたか?この美容液の効果から、肌をホワイトニングするといってもいいですね。シミ対策だけでなく、肌本来の力を取り戻せるのも嬉しいです。シミを薄くして、肌を明るくして美肌を手に入れましょう!

デルメッドホワイトニングクリームの有効成分と美白効果とは?

本気のシミ対策

1887年に創業した三省製薬の前身「陣内三省堂薬局」は、医薬分業をいち早く取り入れ、医師の診察を気軽に受けることができなかった庶民にも漢方薬を手に入れることができるコンセプトをもとにしていました。その流れを受け継いている三省薬品が、戦後特に力を入れていた部門が「美白」美容部門です。1960年にプラセンタという肝斑の治療に使用されていた成分に着目して、日本で初の美白クリームの開発に取り組みます。製薬会社のとしてもノウハウを生かし、日本女性の美白を叶えるために様々な試行錯誤を重ねてきました。

 

そんな中、三省製薬が注目したのは「麹」です。麹を扱う女性の手がとても美しいことに注目した三省製薬会社は、麹が持つ美肌効果について研究を重ねました。そして、麹に含まれるコウジ酸が美白に効果があることを日本で初めて明らかにしました。その効果を化粧品に応用したのが、平成5年に設立されたオリジナルブランド「デルメッド」の代表的な商品「デルメッドホワイトニングクリーム」です。この美白化粧品は、自然素材であるコウジ酸を有効成分としています。体への負担も少ないため安心して使い続けることができます。

 

■デルメッドホワイトニングクリームの効能とは?

 

デルメッドホワイトニングクリームは、美白効果が認められた美容クリームです。肌の黄ぐすみや、額や頬のシミをケアすることができると言われています。クリームに入っている有効成分は「コウジ酸」ですが、コウジ酸にはシミの原因であるメラニンの活性化を抑制する働きがあります。つまり、コウジ酸はシミが新しく生成されるのを防いでくれる役割を持っているのです。すでにできてしまったシミを解消する力はないと言われていますが、シミは紫外線によって色が濃くなることもわかっているため、すでにあるシミを現状以上に悪化させな効果も期待することができます。

 

■デルメッドホワイトニングクリームの評価とは?

 

化粧品の総合口コミサイト@cosmeを見ていると口コミの数は20件弱と少ない件数にはなっていますが、その評価は星5つ以上の高い評価を得ています。

 

特に、40代以上になると目立つと言われている肌の黄ぐすみに対して高い効果が実感できると言われています。使用されている人の中には、肌全体の色が明るくなっていることを実感されたり、中にはファンデーションの色が一段階明るくなったことを報告されている人もいらっしゃいました。また、出産後に肌の変化を感じた人や、長年のシミで悩んでいる人が効果を実感しているようです。年齢を重ねても確かな効果を実感することができるのはうれしい結果ですね。

 

■まずはトライアルでお試しを!

 

デルメッドは、化粧水、乳液、美容液、下地と合わせて美白クリームが初回限定1800円でトライアルセットを試すことができます。まずはトライアルセットで自分の肌に合うのかどうかを試してみましょう。

 

紫外線が引き起こすハリの低下

シミの原因を知る

紫外線はみんなの上に降り注いでいますよね。日焼けをしてすぐに黒くなる人は白いままで皮がむけやすい人など様々なお肌の方がいます。シミの原因が紫外線だと言われている以上、上手に日焼け止めをすることがまずは大きなシミ対策の一歩になることは間違いありません。

 

日焼け止めの種類や使い方など、シミに悩む方もそうでない方も知って欲しい情報をご提供したいと思います。

 

■紫外線が引き起こす恐怖

 

今も紹介した通り、紫外線と聞いてすぐに浮かぶのはシミだと思いますが、実は紫外線による害はシミだけではないのです。それがハリへの影響。

 

私たちのお肌には「コラーゲン」という成分が存在していますが、実はこのコラーゲンに紫外線がダメージを与えてしまうのです。このコラーゲンは私たちのお肌にとってとても大切で、保湿や外から与えられる様々な刺激から大切なお肌を守ってくれているのです。

 

なのでこのコラーゲンが不足してしまうと、肌の保湿力がなくなり乾燥を引き起こし、シミやくすみなどのトラブルのもとになったり、またお肌や髪の毛からツヤやハリを奪っていくのです。

 

■正しい日焼け止めの選び方

 

日焼け止めと一言で言っても、みなさんのお肌がそれぞれ違うのと同じように、それに合わせて選ぶ日焼け止めも変わってきます。私の場合は日焼け止めをつけるとすぐにニキビや肌荒れを起こすので、皮膚科で出してもらった日焼け止めを使うようにしています。

 

日焼け止めをつけると肌荒れを起こしてしまう場合は、紫外線散乱剤使用のものを選ぶのがオススメです。多くの日焼け止めには「紫外線吸収剤」という物資が使われており、このタイプの人にはそれによって引き起こされる化学変化に対応できないということが言えるようです。

 

またニキビができてしまう人には、油分の少ない水分タイプのものやパウダー配合のもの、またオイルフリーのものがオススメです。症状から自分で判断することも不可能ではありませんが、自分ではオイリー肌と思っていても意外と水分不足という場合もありますので、一度皮膚科で相談するのも一つの手ですね。

 

■正しい日焼け止めの使い方

 

まずは全体にムラなく塗ります。そのとき大切なのが、塗る量です。1円玉ほどの円の大きさでこんもり手の甲に乗せてください。そしてそれを均等に塗る。テカリや余っている感じが気になればティッシュで優しく抑えてください。

 

このとき決して強く拭かないように!優しく抑えることを忘れずに。

 

■日頃からのケアが大切

 

普段のスキンケアや日焼け止めを怠らずに実行に移すことができればあなたの理想のお肌もそう遠くはありません。シミで悩んでいる方もそうでない方も、お肌はあなたの第一印象を決める大切な要因です。今日から、そしてできることから始めてみませんか。

シミの原因は紫外線だけではないのです!

シミの原因を知る

シミができると、ずっと気になりますよね。一旦気になりだすと、止まらないのがシミです。そんなシミの原因を知って、シミの対策を取り入れていきましょう。

 

■シミの原因って?

 

シミはメラニンが過剰に生成されることによって発生します。皮膚にはメラノサイトにメラニンを作るように指令を出す物質、メラノサイト刺激物質があります。メラノサイト刺激物質が活性化すると、メラニンがどんどん生成されていくのです。

 

メラノサイト刺激物質を活性化させる原因は主に3つあります。

 

・紫外線を浴びる

 

紫外線にはUVAとUVBの2種類の波長が存在しています。特に、波長が短いUVBは皮膚の細胞を直接攻撃するので、細胞中のDNAを傷付けてしまいます。このように皮膚の細胞中のDNAが傷付いて変異すると、メラノサイトが活性化したままになり、シミが発生するのです。

 

・活性酸素の存在

 

活性酸素が発生すると、活性酸素を取り除くためにメラノサイト刺激ホルモンが分泌されて、メラニンが生成されます。活性酸素は紫外線のUVAを浴びることによって、皮膚の最下層である真皮で免疫細胞を刺激して炎症を起こすことで発生します。

 

紫外線を浴びること以外に、ストレスや喫煙、飲酒、睡眠不足、便秘なども活性酸素が発生する原因となります。

 

・皮膚の炎症

 

シミの中でも肝斑は炎症が原因のシミです。皮膚で炎症が起きると、炎症によるダメージを回復するために新しい細胞を作ろうと活発になります。同時に、メラノサイトも活発になり、メラニンの生成が促進されてしまうのです。

 

炎症の原因としては、日焼けや摩擦、虫刺され、火傷などの傷、ニキビなどが挙げられます。見た感じはっきりと分からない炎症でも、長期にわたって炎症を起こしているとシミになってしまいます。原因が分かったところで、シミ対策を行いましょう。

 

■シミ対策するには?

 

・紫外線対策をしっかり

 

紫外線を浴びるとメラニンが生成されるので、紫外線を浴びないことが重要です。手袋や帽子、日傘、日焼け止めクリームなどで対策しましょう。特に、汗をかいたり、知らないうちに擦ってしまって取れてしまうことが多いので、日焼け止めクリームはこまめに塗り直しましょう。

 

・活性酸素を発生させない

 

活性酸素は、紫外線はもちろん、ストレスや喫煙、飲酒、睡眠不足、便秘なども原因で発生します。生活習慣を見直してみましょう。これらは活性酸素を発生させる原因ではありますが、シミだけでなく身体全体の健康に繋がるので、改善する必要があります。

 

・皮膚の炎症を防ぐ

 

炎症は日焼けや摩擦など、肌に直接負担が掛かっていることが原因です。なので、肌に負担が掛からないように気をつけることが大切です。他にも、炎症が原因のシミであれば、ハイドロキノンなど美白成分を配合している化粧品でスキンケアするのも良いでしょう。

 

■まとめ

 

シミの原因がわかっているなら、早速対策をしましょう。どうしても消えない、薄くならないシミで気になるなら、皮膚科といった医療機関を受診するのも良いでしょう。シミ対策をしっかりして、明るい肌ををゲットしましょう!

ページの先頭へ