シミができたとき、できるだけ早くシミを消したいものですよね。シミを消したいと思ったとき、何をしますか?シミを消すためには、どのような化粧品を使うと効果があるのでしょうか。

 

■シミができるメカニズム

 

紫外線を浴びると、表皮にあるメラノサイトがメラニン色素を作り出し、メラニン色素を周りの角化細胞に与えます。多く作り出されたメラニン色素が傘の役割をするため、真皮に紫外線が届きにくくなります。

 

過剰に作り出されたメラニン色素は肌のターンオーバー(生まれ変わり)が正常であれば、排出されるので肌に残りません。しかし、肌のターンオーバーが乱れていると排出されないので、いつまでも肌に残っています。

 

これがシミとなるのです。紫外線を浴びることでメラニンが作り出され、肌のターンオーバーの乱れがメラニンを溜めてしまうことが、シミに繋がるのですね。

 

■効果的なシミ対策って?

 

シミを消すには、メラニンを作り出さないように紫外線を浴びないことです。日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や手袋を着用しましょう。また、メラニン色素を排出させるために肌のターンオーバーを正常にしましょう。

 

肌のターンオーバーは、ストレスやホルモンバランスの乱れなどによって乱れます。ターンオーバーを正常にするためにはストレスを解消したり、十分な睡眠を取るなど生活習慣の立て直すことが大切です。さらに、美白化粧品を使用してみましょう。美白成分としてはハイドロキノンという成分がシミに効果的です。

 

■美白成分のハイドロキノンとは?

 

ハイドロキノンはメラノサイトを減少させる、メラニン色素が過剰に生成されるのを抑制する、といった作用があります。ハイドロキノンは天然の成分で、古くから美白成分として取り入れられています。

 

しかし、保管が難しかったり、副作用が起こることから、医療機関でのみ扱われていました。医療機関での取り扱いとなっていたハイドロキノンですが、今では研究や開発が進んで市販でも手に入るようになっています。

 

医療機関または市販で手に入れられるハイドロキノンを含むもの(軟膏などのクリーム)はメラニンが原因でできたシミであれば、消したり薄くすることは十分に可能です。

ただ、ハイドロキノンを含むものを使用するときには、特に紫外線対策が重要になります。

 

ハイドロキノンを塗ると日焼けしなくなります。日焼けしないということは、紫外線に対して無防備な状態です。そんなときは日焼けをしていなくても、肌が赤くなります。

日焼けして黒くなるのは防御している状態ですが、赤くなるのは火傷している状態であると言えます。

 

なので、紫外線対策はバッチリしてくださいね。あと、ハイドロキノンは強い美白効果があるので、肌に塗る前にパッチテストを行ってください。

 

■ポイントはターンオーバー

 

シミは一瞬で消えるものではありませんが、徐々に薄くなって目立たなくなっていくものです。紫外線対策や肌のターンオーバーを正常にするといった方法の他に、ハイドロキノンを含んだ化粧品を使ってみるとシミ消しの効果をより感じると思います。

 

美白成分を含んだ化粧品は肌のくすみを取って明るくする効果もあるので、自分に合うものを取り入れて、明るい肌を手に入れましょう!