シミを消す化粧品を使って明るい肌を手に入れましょう!

本気のシミ対策

シミができたとき、できるだけ早くシミを消したいものですよね。シミを消したいと思ったとき、何をしますか?シミを消すためには、どのような化粧品を使うと効果があるのでしょうか。

 

■シミができるメカニズム

 

紫外線を浴びると、表皮にあるメラノサイトがメラニン色素を作り出し、メラニン色素を周りの角化細胞に与えます。多く作り出されたメラニン色素が傘の役割をするため、真皮に紫外線が届きにくくなります。

 

過剰に作り出されたメラニン色素は肌のターンオーバー(生まれ変わり)が正常であれば、排出されるので肌に残りません。しかし、肌のターンオーバーが乱れていると排出されないので、いつまでも肌に残っています。

 

これがシミとなるのです。紫外線を浴びることでメラニンが作り出され、肌のターンオーバーの乱れがメラニンを溜めてしまうことが、シミに繋がるのですね。

 

■効果的なシミ対策って?

 

シミを消すには、メラニンを作り出さないように紫外線を浴びないことです。日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や手袋を着用しましょう。また、メラニン色素を排出させるために肌のターンオーバーを正常にしましょう。

 

肌のターンオーバーは、ストレスやホルモンバランスの乱れなどによって乱れます。ターンオーバーを正常にするためにはストレスを解消したり、十分な睡眠を取るなど生活習慣の立て直すことが大切です。さらに、美白化粧品を使用してみましょう。美白成分としてはハイドロキノンという成分がシミに効果的です。

 

■美白成分のハイドロキノンとは?

 

ハイドロキノンはメラノサイトを減少させる、メラニン色素が過剰に生成されるのを抑制する、といった作用があります。ハイドロキノンは天然の成分で、古くから美白成分として取り入れられています。

 

しかし、保管が難しかったり、副作用が起こることから、医療機関でのみ扱われていました。医療機関での取り扱いとなっていたハイドロキノンですが、今では研究や開発が進んで市販でも手に入るようになっています。

 

医療機関または市販で手に入れられるハイドロキノンを含むもの(軟膏などのクリーム)はメラニンが原因でできたシミであれば、消したり薄くすることは十分に可能です。

ただ、ハイドロキノンを含むものを使用するときには、特に紫外線対策が重要になります。

 

ハイドロキノンを塗ると日焼けしなくなります。日焼けしないということは、紫外線に対して無防備な状態です。そんなときは日焼けをしていなくても、肌が赤くなります。

日焼けして黒くなるのは防御している状態ですが、赤くなるのは火傷している状態であると言えます。

 

なので、紫外線対策はバッチリしてくださいね。あと、ハイドロキノンは強い美白効果があるので、肌に塗る前にパッチテストを行ってください。

 

■ポイントはターンオーバー

 

シミは一瞬で消えるものではありませんが、徐々に薄くなって目立たなくなっていくものです。紫外線対策や肌のターンオーバーを正常にするといった方法の他に、ハイドロキノンを含んだ化粧品を使ってみるとシミ消しの効果をより感じると思います。

 

美白成分を含んだ化粧品は肌のくすみを取って明るくする効果もあるので、自分に合うものを取り入れて、明るい肌を手に入れましょう!

『ビタミンCで美白効果!』知っておきたい3つのこと〜

本気のシミ対策

ビタミンCは、美白には欠かせない成分でもあります。美容にも様々な美白方法があり、美容クリニックで行う施術もあれば、自宅で簡単にできる方法もあります。ビタミンCを含む美白化粧水なども、様々なものが販売されています。

 

しかし、ただビタミンCを摂るだけでは、美白効果の本当の効果を得ることはできません。そこで、美白効果を発揮するために知っておきたい3つのポイントを、ご紹介したいと思います。

 

■美白効果が得られるのは2,000mg!

 

ビタミンCでシミを消すための美白効果を得るためには、1日2,000mgのビタミンCが必要と言われています。人間の体内において、ビタミンCは非常に消耗されやすい成分です。

 

必要最低限の1日の摂取量は、最低で100mgと言われています。ビタミンCは、生命維持に関わる臓器に優先的に消費され、100mgだとほぼ生命維持で終わってしまいます。体内でそれ以外の効果を求めると、約2,000mgのビタミンCが必要になってきます。

 

■ビタミンCはこまめに摂取!

 

美容にも欠かせないビタミンCですが、体内から排出されやすいのが特徴です。まとめて必要な量を摂取するよりも、数回に分けて摂取したほうが、効果は高くなります。

 

食べ物とサプリで、効率良く摂取するのがオススメです。サプリによっては、3粒で2,000mg摂れるものもあります。朝、昼、夕飯は野菜などからビタミンCを摂り、ターンオーバーに合わせて寝る前にサプリを飲むのも、1つの方法です。

 

■高濃度ビタミンC点滴で美白!

 

美容クリニックなどでは、美白効果の施術の1つとして、高濃度ビタミンCの点滴を打つ方法があります。高濃度ビタミンC点滴は、ガン予防などの効果もあり、医療機関でも使用されています。

 

高濃度ビタミンC点滴は、美白効果だけでなく、アンチエイジングケアや、コラーゲンの生成を促進する効果もあります。美白ついでに、病気予防にもなります。費用は、美容目的であれば、5,000〜12,000円程です。

 

■ビタミンCは毎日摂りたい!

 

ビタミンCは、私達の身体に様々な効果を与えてくれる、優れた成分です。「疲れは肌に悪い」と言いますが、ビタミンCは疲労回復の効果もあるため、美白に関係なく、常日頃から積極的に摂取していきたいものです。

 

また、普段外食やインスタントが多い人は、まず食生活を見直す必要があります。野菜や果物を食べて、足りないビタミンCはサプリで補いましょう。あまり効果がない場合は、少し出費になりますが、高濃度ビタミンC点滴がオススメです。

プラセンタでシミを消すことが出来る?その効能とは!

本気のシミ対策

プラセンタという言葉を聞いたことがありますか?これは、動物や人の胎盤から作られているエキスのことで、美白効果やアンチエイジング、疲労回復効果など様々な効果が期待されています。胎盤を摂取することに抵抗を感じるかもしれませんが、実は胎盤には様々な影響が含まれていることが分かっており、プラセンタはここ数年でとても注目されています。

 

■美白に効果あり!

プラセンタの持つ効能の1つが「美白効果」であり、シミ対策の1つとして大変注目されています。その秘密は、プラセンタのもつ2つの作用にありました。

 

■シミってどうやってできるの?

肌の大敵であるシミは、どのように作られるのでしょうか?私たちが紫外線を浴びると、肌の奥でメラニン色素という物質が作られます。日焼けをすると肌が黒くなるのはメラニンの働きによる物です。メラニンは通常、体の深部に紫外線が届かないように、肌を黒くして体を守ってくれる働きを持っています。そして、肌の新陳代謝によって自然とメラニン色素は体の奥に排出されるのです。

 

しかし、一度にたくさんのメラニン色素が作られてしまった場合や、新陳代謝が悪くなりメラニンを体の外に排出することが出来なくなった場合は、メラニンで黒くなった肌がシミとして体に残ってしまっているのです。

 

つまり、シミを体に残さないためには、「新陳代謝を活性化させること」、「メラニンの生成を抑えること」が重要になります。

 

■プラセンタの持つ2つの作用とは?

ここで登場するのがプラセンタです。プラセンタの成分には、細胞を作ってくれる「アミノ酸」、タンパク質の1つである「成長因子」、新陳代謝を調整する「核酸」が含まれます。アミノ酸が良質な細胞の原料となり、赤ちゃんよりも成長速い胎児の成長を促している成長因子が細胞の新陳代謝を促し、核酸によって更に捕捉されるため、新陳代謝が活性化されると言われています。

 

また、プラセンタには活性酸素を除去する作用があります。シミの原因であるメラニンは、チロシナーゼという酵素の働きによって生成されるのですが、プラセンタはこの酵素の働き抑制してくれるのです。そのため、シミの基になるメラニンの生成自体を抑えてくれるので、シミ対策に大変有効的です。

 

■プラセンタはどこで手に入るの?

プラセンタはサプリメントで摂取するか、注射で取り込む方法の2種類があります。注射の場合は、クリニックなどの医療機関を受診する必要がありますが、サプリメントよりも早く効果を実感できると言われています。その分値段も効果になりますが、確実性や安全性が高い方法です。一方サプリメントは手軽に購入することが出来ますが、効果を実感できるまでには時間がかかると言われています。色々な方法を比較検討して自分に合った方法を選んでみてください。

 

アルブチンの効果とその生まれ

本気のシミ対策

アルブチンはお肌の天敵、シミ・そばかすの原因になるメラニン色素の生成を抑えてくれる働きもあり、美白成分として再度注目を浴びています。「再度」と言うのは、βアルブチンは昔から知られていました。

 

今現在では、αアルブチンが流行しています。(合成)流行はしていますが、お肌にやはり刺激があるので、敏感な方は出来るだけβアルブチンを選んで使ってください。根気よく長く使えばシミやソバカスはできにくくなるのは一緒です。

 

■αアルブチンの生まれ

 

実は、αアルブチンを開発したのは日本のメーカーだったということをご存知でしょうか?成分として日本の開発と聞くと少し安心しますよね。そして、意外なことに食品メーカうまれです。大阪の道頓堀の看板で有名な「江崎グリコ」です。

 

どこかの難しい製薬会社かと思っていましたがグリコだっただなんて…国際特許も出願しているほど今までにない美白効果を開発されていました。

 

■実験結果でも

 

美白効果の高い成分を使い、人臨床実験もされています。1ヶ月目からコウジ酸やβアルブチンと比べて最も効果的にメラニンの生成を制御しているデーターもあります。そして、紫外線により引き起こされる日焼けをも効果的に制御してその効果は濃度依存的であることも判明しているくらいです。

 

■効果を落とさないためには

 

美白化粧品は特に3月ごろから一気に市場に出回ります。紫外線が一番きつくなる時期でもあります。(特に4月)新しい商品などもこの時期に多く出ます。ただ・・・美白化粧水などを「ぴちゃぴちゃ塗れば解決」と言うわけでもありません。

 

最大限に力を発揮させるためには肌が保湿されていることが条件です。乾燥していればお肌自体の防御力や再生力が低くなります。このためやはり美白効果を上げるのはなかなか難しくもなります。

 

■保水もしっかり!

 

良いものもしくはキツイものを使えば効果が出るのではなく、根本の土台がやはり重要です。カラッカラに乾いてる地面にいくら種(栄養剤)を与えても緑は成長しません。しっかりと水分を含み保湿されている地面であれば種(栄養剤)は成長します。

 

それと同じです。日ごろからずぼらなスキンケアだとやはりシミやシワやソバカスは出来やすいです。シミやソバカスやシワを作りたくないのであれば、毎日のスキンケアはもちろん。

ページの先頭へ